贈りものは慎重に選ぶのが大切|相手に喜ばれる誕生日プレゼント選び

婦人

相手を思いやる贈り物

女の子

オリジナル感を出すこと

プチギフトというのが、近年よく見られるようになった。プチギフトがよく見られるのは、結婚式や、何かお祝いごとの式に参加した時に、主催者側などから参加者に対して渡されるときなどである。このプチギフトの内容としては、ミニタオルやお菓子など、もらった側の多くの人にとってもらって嬉しくなる、あるいは使いやすいものが主である。そのプチギフトの内容をオリジナル感のある、自分たち独自のテイストやデザインをあしらったものが最近はよく見られる。例えば、タオルに自分たちの名や好きな文字を入れたり、既製のお菓子などに色やシールなどを加えるなどである。今プチギフトは、自分たちからの特別な贈り物であることを強調したり、出席してくれた自分たち感謝の気持ちを伝えるためのものとして多く活用されている。

もらって嬉しいもの

先述のように、プチギフトはよく見られるものになりつつあるが、オリジナル感を強調しすぎて、もらった人が使いにくいと感じたり、またはもらっても嬉しくないようなものにならないように留意する必要はある。もらって嬉しくないものとしては、処分や使い方に困るものなどが考えることができる。お菓子などは、食べてしまえばなくなるので処分に困ることはないであろうし、そこに結婚式の日付や名前が書かれていても、なくなってしまうものに関しては特に問題はない。自分たちのオリジナル感を出して、来てもらった人たちに喜んでもらうようにすることはとても良いことであるが、もらった人が困らなくて済むようなものを考えながら、プチギフトを贈ることを留意する必要がある。